のしには、内のしと外のしがあります。

のしには、内のしと外のしがあります。

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外のしは誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

逆に内のしは、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、外のしと内のしでどちらが正解ということではありません。

還暦の内容は、男も女も違いはありません。

ただ、だいぶ前の時は、男を家の跡継ぎにするという慣習に従って本卦還りを祝うのは男性だけにして、その名残で現在でも女性を対象にしない地区はなくなっていないようです。

とは言え年を気にするご婦人は少なくないですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりも誕生日のお祝いとしながら還暦を祝う演出も楽しいですよ。

本卦還り祝いにつける熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈る人が名前を記しますが、思い違いせず贈り主がわかればどちらでも問題ありません。

連名にする場合は書くのは2名くらいだとちょうど良いと思いますが、多くても支障ないですね。

敢えて言うなら多い場合は、子供・孫一同とした方が、見た目がいいかもしれません。

昔の会社では、60歳(還暦)で定年する人が大半だったと思います。

近年は、働く必要に迫られてきたこともあるでしょうが、現役を継続する人がむしろ当たり前のようです。

そのような人は、勤め先の有志から60歳の節目の誕生日を祝うといった話はよく聞きます。

それに一口乗ろうとすれば、一口、少なくて千円、多くて5千円くらいでお祝いの品物を準備しますね。

満60歳本卦還りのプレゼントの品は、何が最適か簡単にわかりません。

様々な考え方の中で、年寄じみた感じにしない選び方だと探しやすいと思います。

還暦は、ご両親の世代だと終活世代に思えることが多いので、年寄イメージに注意した方が喜ばれると思います。

印象を左右する色の使い方は、地味系よりは印象的な使い方の赤が良いと思います。

女性向けの一案として赤ちゃんに還るという意味を持つ還暦なので、持つ人のパワーを高めるベビーリングをプレゼントするのはどうですか?還暦祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどう用意する?本卦還りはめでたいことですので、赤白の水引、そして蝶結びにします。

書き方として一般的なのは水引の上は「祝還暦」などですが、もっと親しみを込めて希望の気持ちを表現する言葉で十分だと思います。

下に書くのは、贈る人の名前です。

お父さんやお母さんの名前じゃありません。

注意してください。

本卦還りの贈り物の費用は1万5千から2万円くらいのようで、それに食事代や旅行代として1名あたり3万円くらいは加えているようです。

二親(ふたおや)とも元気で、還暦は父親という場合、食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから全ての予算として5万円以上になるでしょうね。

ただ、どんなお祝いをしたいのかによっても費用総額は違います。

段取りする子供の年齢層は、自分たちの子供の養育費などがかかる年代でもあるので、一生に一度のことなので、数年かけて準備していきましょう。

お問い合わせ

当サイトへのご連絡は、こちらの問合せフォームをご利用ください。