還暦ということで、一般的に赤色が

印象深い品物がよくあるパターンです。

しかし最近はもっと柔軟に考えるようになり、まだまだ若々しく現役の人に合うもの、感謝の気持ちを込めたものを手配するのが主流です。

本卦還りとしての贈り物には、これまで無事に過ごした時間を称えたりこれまでの敬意を込めて贈り物を選んであげましょう。

ご当人の趣味のもの、置き物のどちらでもいいと思いますが、タイミングを逃さず感謝を表す意味合いの言葉をかけてあげましょう。

ご当人はプレゼントを想うたびにその瞬間の感動が思い出されるはずです。

お祝いをするために顔を見せることができない場合は、お祝いの品物を宅配などで送ることでしょう。

無駄がないねと頭では理解してもなるべくお祝い品を持って一緒に食事などしながら渡すのが、より良いことです。

手渡しができない場合は、手紙やカードなどで孫の様子を書いたり、最近の写真を同封するなどして訪問できないことを補う思いやりは、怠らないようにしましょう。

そして電話もして、忘れがたい本卦還りの思い出になることでしょう。

本卦還りを祝うための品物は、贈呈する場所が自宅などなら大きなものでも良いと思います。

でも、ご当人の自宅以外で会食などをする場合は、目録などカバンにサッと入れられるものが良いかもしれません。

帰宅中に壊したりしたら贈ってくれた側に申し訳ないですから。

もちろん、せっかくのお祝いの席ですからお祝い品がその場にあれば、楽しくなるのは間違いとは思いますが、海外旅行など品物じゃなくプレゼントにすることもあり得ます。

そんな時は贈り物を披露するという感じではないですね。

 

お問い合わせ

当サイトへのご連絡は、こちらの問合せフォームをご利用ください。