祝い年にすることは特に

祝い年にすることは特に決まりはありません。

けれど、60年間の歴史がありますし、価値ある日にしてあげたいですよね。

昇進祝いのように事務的にでは大げさですが、いろんな人を呼び集めてちょっと盛大にやってみませんか?還暦の人は、今までとは違うフェーズの毎日を送ります。

必死に仕事をした昨日までとは違って、独立した子供は結婚もしているという方が多いし、これからは自分のことが優先していい頃だと思います。

あるいは、今は元気さながらでも体に優しくすることが大事になる年代ではないでしょうか。

だからこそ還暦を大事な区切りにして、お祝いとともに思い出作りが当事者には外せません。

60歳の還暦を祝うのは、元々は長生きを祝う行事でした。

とはいっても最近の人はひ弱な年配者の感じはしないし、まだまだ現役という感じがして、年寄扱いしたら気が引けます。

子供がとっくに自立していてもいつでも親目線がぶれない親御さんがいて、だからこそ「だいぶマシになったろ?明日からは自分たちが楽しんでほしい」と穏やかな気持ちを表す値千金のチャンスだと思います。

お問い合わせ

当サイトへのご連絡は、こちらの問合せフォームをご利用ください。