本卦還りをお祝いするのは満60歳

本卦還りをお祝いするのは、満60歳の誕生日あたりでする、というケースが多いですが、家族が遠方に住んでいることが多い近頃では、満60歳を迎える誕生日ではなく皆が集まりやすい時期にお祝いするケースが主流です。

年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休み、シルバーウィークなどみんなが集合できる時期で行うという感じです。

中には、満60歳になる誕生日で定年で退職される方もいるので、勇退と還暦を併せてお祝いされる人もいますね。

勇退記念と還暦祝いでも昔ながらのやり方にあまり気にせず、数え年の61歳が還暦と通説になっているので、満60歳になる年が、それです。

誕生日が何日であっても満60歳の誕生日の年が、還暦(数え61歳)になります。

数え年での年齢の加算はその年の午前零時なので、本卦還りをお祝いするのは年が明け、おおよそ節分までにはされていました。

ただし現在は、満年齢での数え方が良く知られているので、「60歳になる年」を意識してお祝いの旅行などをするのが主流です。

 

お問い合わせ

当サイトへのご連絡は、こちらの問合せフォームをご利用ください。