還暦のご当人と離れて暮らしていてお祝いの席を持てないのであれば、宅配便などでお祝いの品物を送ることでしょう。

還暦のご当人と離れて暮らしていてお祝いの席を持てないのであれば、宅配便などでお祝いの品物を送ることでしょう。

ある意味当然だと理屈ではわかってもできる限りお祝い品を手持ちして出向いて渡すのが、感激されることでしょう。

 

訪問することができない場合は、季節のお見舞い状で家族の様子を書いたり、最近の写真を同封するなどして出向けないことを補う心遣いは、忘れないようにしてください。

 

さらに電話することで、忘れがたい還暦の思い出になることでしょう。

 

還暦を祝うための品物は、贈る場所がご当人の自宅などならば大きな贈り物でも問題ありません。

 

ただ、自宅以外でお祝いの会などを行うならば、大きなものにしない方が無難です。

 

手持ちで自宅に運ぶ時、はずみでぶつけて故障させたらご当人は落ち込み半端ないって。

 

そもそもお祝いの食事会なので準備したプレゼントが皆の前にあった方がみんなの気持ちが高揚するはずですが、海外旅行など品物じゃなく手配することもありますから仕方がないとは思いますよ。

 

還暦ということで、一般的に赤を使った何かを取り入れたプレゼントが間違いのない決断です。

 

しかし最近は還暦の元来の意味合いが薄れ、年齢に関係なく趣味性の高いものやこれからの活躍を祈念するものを選ばれる方が多いですね。

 

還暦のお祝いとしての贈り物には、今までの人生を労う気持ちやありがたいと思う気持ちを込めて品物を選んであげましょう。

 

形がないもの、置き物の考え方は様々ですが、タイミングを逃さずお世話様でしたという気持ちの言葉を添えてあげましょう。

 

ご当人は贈物を見るたびにその時の嬉しさが思い出せることでしょう。

page top