実家を離れて暮らす方が出向くことが難しいなら、プレゼントを宅配などで送付すると思います。

実家を離れて暮らす方が出向くことが難しいなら、プレゼントを宅配などで送付すると思います。

効率はいいでしょと頭では理解してもなるべくお祝い品を持って顔を出してあげるのが、一番良いと思います。

 

訪問することができない場合は、季節のお見舞い状で最近の様子を伝えるとか、本卦還り祝いの気持ちを表すなど出向けないことを補う心遣いは、大切にしてください。

 

そして到着の頃を見計らい電話するなどすれば、ご当人の喜びも一入(ひとしお)だと思います。

 

還暦ということで、昔の慣習にならいベースやピンポイントに赤を使ったものがいい意味でありがちです。

 

しかし近頃はそれに強くこだわらないで、60歳という年齢を気にせず感謝の気持ちを込めたものを選択する方が多くなっています。

 

還暦祝いのプレゼントとして、これからも健康で長生きしてほしい気持ちやこれまでの恩に報いるようプレゼントを選びましょう。

 

ふつうのもの、実用性がないものの決定はいろいろですが、渡すときにお世話様でしたという気持ちの言葉を付け加えるのが大事です。

 

そうすれば、貰った贈り物を考えるたびにその場面を走馬灯のようにきっと思い出されるはずです。

 

還暦のお祝い品は、贈呈する場所が実家などならかさばるものでも構いません。

 

しかし、自宅とは別の場所でお祝いの会などを行うならば、かさばらないものにした方が無難です。

 

実家に戻る途中で、落として壊したりしたら凹みますよ、ご当人は。

 

もちろん、せっかくのお祝いの席ですからお祝いの品物もその場にあった方が楽しくなるのは間違いとは思いますが、バスツアーなどの旅行券をお祝い品にして見栄えがパッとしないですが、ある意味仕方がないですね。

page top