還暦祝いの贈り物の費用は約2万円だそうで、それと旅行代、会食代として一人につき2万円ほど追加しているようです。

還暦祝いの贈り物の費用は約2万円だそうで、それと旅行代、会食代として一人につき2万円ほど追加しているようです。

もし父親が還暦だとすれば、食事・旅行を用意すれば、二人で行くでしょうから総予算としては6万円前後になると思います。

 

そもそもどういった祝い方をするかによっても予算は変えられます。

 

親が還暦の子供の世代は、何かとお金が必要な世代でもあるので、残念が思いをしなくてもいいよう毎月千円でもお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

 

だいぶ以前の職場では、還暦で会社を退職する人が、大半でした。

 

でも今は、定年退職や年金支給の年齢が上がったという理由がありますが、リタイアしない人が、多くいます。

 

そのように会社勤めを続ける人に勤務先の仲間から本卦還りの祝いをするサプライズでほのぼのすることもあるようです。

 

そんなときの会費は、各自1000円程度から集めて記念品を買う感じですね。

 

還暦を祝う気持ちを表すための贈り物は、何が最適か容易には想像できないですね。

 

考え方は色々ですが、「還暦ならではの」ものにはしないという選び方は、バリエーションが広がりますよ。

 

還暦は、ご両親の世代だと年寄というイメージを持つ人が少なくありませんので、年寄イメージに注意した方がいいかもしれません。

 

色合いも派手にとは言わないまでも、地味系よりは暖色が好感が持てると思います。

 

女性向けの一案として還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、ベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?還暦のお祝い品の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はふつうは贈る人の名前を書きますが、実際は誰からのものかわかればどういう風に記しても問題ありません。

 

何人かの名前ならば書くのは2、3名くらいだと具合がいいですが、ほぼほぼ問題になりません。

 

敢えて言うなら多い場合は、子供・孫一同と記した方が、スッキリしますね。

 

還暦祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどう書く?本卦還りのお祝いはお祝いの行事なので、赤白の水引、そして蝶結びにします。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「還暦御祝」などですが、形式的なのを避けるなら「ありがとう」でも十分だと思います。

 

そして、下に贈る人の名前を記します。

 

本卦還りご当人の名前ではないんですね。

 

還暦は、男性でも女性でも同じです。

 

ただずいぶん前は、男を家の跡継ぎにするという風習があったので本卦還りのお祝いは男だけで、その名残で現在でも女性を対象にしないところはなくなっていません。

 

とは言え年齢を気にする女の人は少なくないですし、加齢のイメージの還暦のお祝いというよりもハッピーバースデーとして還暦を祝うサプライズも楽しいですね。

 

のしには、内のしと外熨斗(そとのし)があります。

 

内のしは、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

一方、内のしは開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内のしと外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

page top