還暦祝いの贈り物の費用はだいたい2万円くらいにする人が多く、それに食事代や旅行代として一人につき約3万円ほど加えているようです。

還暦祝いの贈り物の費用はだいたい2万円くらいにする人が多く、それに食事代や旅行代として一人につき約3万円ほど加えているようです。

それは、父親だけが還暦でも旅行・食事を用意すれば、母親と行くでしょうから全ての予算として5万円以上になるでしょうね。

 

ただ、どんなお祝いをしたいのかによっても概算費用は変わります。

 

贈り物をする子供の世代は、何かとお金が必要な年齢層でもあるので、誰でも1回しかないことなので、地道に積み立てをするのもいいのではないでしょうか。

 

本卦還りのプレゼントの品は、何にすると喜んでもらえるか悩みますよね。

 

いくつかの案のうち還暦=年寄とイメージするようなものにしないという選び方は、バリエーションが広がりますよ。

 

ご両親の世代だと還暦は人生終わり?と悲観的に考えてしまいがちで、年寄イメージに注意した方が良いと思いますよ。

 

ですので色合いは、寒色より暖色が好感が持てると思います。

 

例でいうと女性への贈り物として、赤ちゃんに還る意味合いの本卦還りだからこそ、記念のベビーリングを候補にしても良いと思います。

 

還暦のお祝い品に熨斗紙(のしがみ)の準備は?還暦は長寿のお祝いに含まれるので、赤白の水引に蝶結びとします。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「寿還暦」などですが、形式ばっているのはなしで「これからもお元気で」でも率直でいい感じだと思います。

 

下側には、贈る人がわかるように書きます。

 

お祝いされる人の名前ではありませんので注意しましょう。

 

還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈る人の名前ですが、贈り主を勘違いすることがなければ、名字だけでも名前だけでも特に問題ありません。

 

複数の名前を書くならば見た目でいうと2、3名くらいが具合がいいと思いますが、臨機応変に決めて大丈夫です。

 

ただ、多い場合は家族一同のようにするとゴチャゴチャしないで済みますね。

 

のしには、内熨斗(うちのし)と外のしがあります。

 

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

一方、内のしは開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、内のしと外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

 

還暦は、男女とも同じです。

 

ただ前は、男性を家の跡継ぎにするという風習があったので還暦のお祝いは男性だけで、そういった経緯で今でも女性を祝わないところがあるようです。

 

もっとも年齢を気にする女性は少なくないですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりも誕生日のお祝いとしながら還暦を祝うサプライズも良いと思います。

 

だいぶ前の会社では、還暦で会社を退職する人が、ずいぶん多かったと思います。

 

しかし最近は、社会の仕組みが変わったこともあると思いますが、退職しない人がある意味当然のように見えます。

 

そういった人に対し、職場の同僚などから還暦のお祝いをするサプライズでほのぼのすることもあるようです。

 

そういったことへの参加費は、一口、少なくて千円、多くて5千円くらいでプレゼントを用意するという感じになります。

 

還暦は、長寿を祝うからこそ記念の贈り物を出したいですね。贈り物として人気の商品は、還暦祝いに人気がある商品とはで見ることができます。

page top