還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈る人の名前ですが、思い違いせず贈り主がわかればどんな書き方でも特に問題ありません。

還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈る人の名前ですが、思い違いせず贈り主がわかればどんな書き方でも特に問題ありません。

複数の名前を書くならば2人分くらいが良さ気ですが、少なくても支障ないですね。

 

強いて言えば、多い時は家族一同のようにするとゴチャゴチャしないで済みますね。

 

還暦を祝う気持ちを表すための贈り物は、どんなものが適しているか楽々と決めるのは難しいです。

 

考え方は色々ですが、年寄を連想しないようにという探し方があります。

 

還暦世代には、還暦=年寄という構図を持つ人が多いので、今まで頑張った!を意識した方が無難だと思いますね。

 

テイストを主張するのは色なので、暗い色ばかりでなく明るい色の組み合わせが基本です。

 

例として女性へのプレゼントなら還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、誕生石を埋めたベビーリングを贈ると洒落ていますよね。

 

熨斗には、外のしと内熨斗(うちのし)があります。

 

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしは誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

一方、内熨斗(うちのし)は開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

 

昔の会社勤めですと還暦で定年退職する人が、たくさんいました。

 

しかし最近は、働く必要に迫られてきたこともあるでしょうが、何も変わらないという人が、ふつうの様相です。

 

だから還暦で定年退職しない人に会社の親睦会などから60歳の節目の誕生日を祝う親密的なお話しがありますね。

 

予算としては、各自1000円程度から集めて贈り物を準備する段取りになります。

 

還暦のお祝い品の予算はおおよそ2万円ほどのようで、それと旅行代、会食代として1名あたり2万円ほど考える必要がありそうです。

 

仮に父親だけが還暦だとしても旅行・食事を用意すれば、母親と行くでしょうから総額5万円以上が必要になりそうです。

 

もちろん、お祝いの内容をどうするか、計画によって予算は変えられます。

 

準備する贈る側の年代は、子供の養育費や教育費がかかる世代なので、少し前から、例えば毎日コーヒー一杯を飲んだつもりで積立貯金していくのはどうでしょうか。

 

本卦還り祝いの熨斗紙(のしがみ)はどうするか?本卦還りのお祝いは祝儀なので、蝶結びそれと赤と白の水引を使います。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「祝還暦」などですが、もっとフランクに「これからもお元気で」でも素直にいいと思います。

 

下は贈る人の名前です。

 

お祝い品を受ける人ではないのでウッカリされないように。

 

男性も女性も還暦の内容は同じで違いはありません。

 

ただ前は、男を家の跡継ぎにするという慣習に従って本卦還り祝いは男だけにして、それがあったから今でも男性だけというところはなくなっていません。

 

とは言え年齢を気にする女性は少なくないですし、年寄の印象が強い還暦祝いというよりも誕生祝いとして満60歳の本卦還りをお祝いする演出も良いと思いますよ。

page top