還暦祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどうするか?本卦還りは祝儀なので、赤白の水引に蝶結びとします。

還暦祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどうするか?本卦還りは祝儀なので、赤白の水引に蝶結びとします。

書き方は、水引の上は一般的に「還暦御祝」などですが、堅苦しいのが嫌なら「これからもお元気で」でも十分だと思います。

 

下側には、贈る人がわかるように書きます。

 

お祝いされる人の名前ではありませんので注意しましょう。

 

だいぶ前の会社では、60歳(還暦)で定年する人がたくさんいました。

 

ですが今は、社会の仕組みが変わったからと考えられますが、現役続行者がむしろ当たり前のようです。

 

そんな時、還暦で現役の人へ勤め先の有志から還暦のお祝いをするサプライズでほのぼのすることもあるようです。

 

それに一口乗ろうとすれば、一口、少なくて千円、多くて5千円くらいでプレゼントを買いますね。

 

男女とも還暦であることは違いはありません。

 

ただずいぶん前は、男を家の跡継ぎにするという習わしがあったため本卦還り祝いは男だけにして、それがあったから今でも女性を祝わない地区もあるみたいです。

 

とは言え年齢を気にするご婦人は少なくないですし、年寄の印象が強い還暦のお祝いというよりも誕生日のお祝いという名目で本卦還り祝いをするという演出も楽しいですよ。

 

本卦還りのお祝い品の予算は1万5千から2万円くらいのようで、それに食事代や旅行代として一人につき約3万円ほど追加しているようです。

 

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、旅行・食事を用意すれば、母親と行くでしょうから全ての予算として6万円くらいはかかりそうです。

 

もっともお祝いの仕方をどうするかによっても予算は変えられます。

 

親が60歳の子供は、自分たちの生活にお金がかかる年代でもあるので、少し前から、例えば地道にお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

 

満60歳還暦の贈り物は、何にすればいいのか楽々と決めるのは難しいです。

 

いくつかの案のうち満60歳を意識しないという探し方があります。

 

年配者の中には、還暦は終活まじかのイメージに近い人が多いと思うので、今まで頑張った!を意識した方が間違いないでしょう。

 

色使いは、暗い系よりはピンポイントの赤が基本です。

 

女性へのプレゼント案として、還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、ベビーリングをプレゼントするのはどうですか?本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈る人の名前ですが、実際は誰からのものかわかればどんな書き方でも特に問題ありません。

 

複数の名前を書くならば書くのは2名くらいだと具合がいいですが、多くても支障ないですね。

 

一応、2名を超えるときは家族一同のようにするとスッキリしますね。

 

のしには、内のしと外熨斗(そとのし)があります。

 

内のしは、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

逆に内のしは、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、内熨斗(うちのし)と外のしのどちらが正解ということではありません。

page top