還暦祝いに贈る品物の購入額はだいたい2万円くらいにする人が多く、それと旅行代、会食代として一人につき2万円ほど加えているようです。

還暦祝いに贈る品物の購入額はだいたい2万円くらいにする人が多く、それと旅行代、会食代として一人につき2万円ほど加えているようです。

両親健在で父親が還暦なら食事・旅行を用意すれば、二人で行くでしょうから全ての予算として6万円くらいはかかりそうです。

 

そもそもどういった祝い方をするかによっても予算は変えられます。

 

親が60歳の子供は、何かとものいりな世代でもあるので、その時に困らないよう毎月千円でも準備しませんか?還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はふつうは贈る人の名前を書きますが、思い違いせず贈り主がわかればどんな書き方でも、まあ構わないでしょう。

 

何人かの名前ならば見た目でいうと3名くらいがちょうど良いですが、ほぼほぼ問題になりません。

 

敢えて言うなら多い場合は、家族一同のようにすると見た目はスッキリしますね。

 

男性も女性も還暦の内容は違いはないです。

 

ただ前は、男を家の跡継ぎにするという考え方から還暦を祝うのは男だけにして、そういった経緯で今でも男性だけという地区はなくなっていないようです。

 

もっとも年を気にするご婦人は少なくないですし、加齢のイメージの還暦のお祝いというよりも誕生祝いとして満60歳の還暦をお祝いする演出も楽しいですよ。

 

還暦のお祝いのためお祝いの品は、どんなものが喜ばれるか楽々と決めるのは難しいです。

 

いくつかの案のうち満60歳を意識しないという選び方があります。

 

還暦は、ご両親の世代だと年寄というイメージを持つ人が少なくありませんので、そういったことから還暦の意識をなくした方が間違いないでしょう。

 

色合いも派手にとは言わないまでも、暗い系よりは印象的な使い方の赤が生かされているといいですよね。

 

例でいうと女性への贈り物として、還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味なので、ベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?昔の会社勤めですと60歳定年として退職する人が大半だったと思います。

 

逆に最近は、定年退職や年金支給の年齢が上がったという要因があって、何も変わらないという人が、大半です。

 

そんな時、還暦で現役の人へ会社の同僚から60歳の節目の誕生日を祝うといった場面が見受けられます。

 

それに賛同する場合は、一口、少なくて千円、多くて5千円くらいでプレゼントを買いますね。

 

還暦祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどう用意する?本卦還りのお祝いはめでたいことですので、赤白の水引に蝶結びとします。

 

書き方は、水引の上は一般的に「祝還暦」などですが、もっと親しみを込めて「感謝」でも良いのではないでしょうか。

 

それで、下側に贈る人を記します。

 

お祝い品を受ける人ではないのでウッカリされないように。

 

のしには、内熨斗(うちのし)と外のしがあります。

 

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外のしは誰からどんなお祝いなのかが一目でわかります。

 

逆に内のしは、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

page top