還暦は、男女とも同じ差はありません。

還暦は、男女とも同じ差はありません。

ただ以前は、男に家を継がせるという通例があったことで還暦を祝うのは男だけにして、そのせいで現在でも男性だけという地域はなくなっていません。

 

とは言え年齢を気にする女の人も多いですし、年寄の印象が強い本卦還り祝いというよりも誕生祝いとして還暦を祝うサプライズも良いと思います。

 

本卦還り祝いの熨斗紙(のしがみ)はどうする?まず、本卦還りのお祝いは文字とおりお祝いなので、蝶結び、赤と白の水引が一般的です。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「寿還暦」などですが、堅苦しいのが嫌なら希望の気持ちを表現する言葉で十分だと思います。

 

下は贈る人の名前です。

 

還暦のご当人の名前ではないのでウッカリされないように。

 

還暦のお祝い品の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はお祝いする人の名前ですが、贈り主を勘違いすることがなければ、どういう風に記しても特に問題ありません。

 

名前を並べるときは見た目でいうと3名くらいが良さ気ですが、多くても支障ないですね。

 

強いて言えば、多い時は子供・孫一同と記した方が、きれいですね。

 

満60歳還暦の贈り物は、何にすると喜んでもらえるか悩みますよね。

 

いくつかの案のうち「還暦ならではの」ものにはしないという探し方があります。

 

還暦世代には、還暦=人生終わり?と悲観的に考えてしまいがちで、そういったことから還暦の意識をなくした方が間違いないでしょう。

 

印象を左右する色の使い方は、暗い色一辺倒ではなく明るい色の組み合わせが配色されているといいでしょう。

 

例でいうと女性への贈り物として、本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味なのでベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?本卦還り祝いに贈る品物の購入費は2万円くらいと言われていて、それに旅行代や食事代として一人あたり約2万円を加えているようです。

 

両親健在で父親が還暦なら食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから総額6万円ほど必要かもしれません。

 

ただ、どんなお祝いをしたいのかによっても概算費用は変わります。

 

親が還暦の子供の世代は、生活費が増えている年代でもあるので、残念が思いをしなくてもいいよう毎月千円でも貯金しませんか?以前、企業では一般的に還暦と同時に仕事を辞める人が、多かったようです。

 

でも今は、全般的に長寿になったからと考えられますが、何も変わらないという人が、ふつうの様相です。

 

そのような人は、勤め先の有志から還暦祝いをするといった場面が見受けられます。

 

予算としては、各自1000円程度から集めてお祝いの品物を準備しますね。

 

熨斗には、外のしと内のしがあります。

 

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書きと名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外熨斗(そとのし)と内のしでどちらが正解ということではありません。

page top