還暦は、男女とも同じです。

還暦は、男女とも同じです。

ただずいぶん前は、男性を家の跡継ぎにするという通例があったことで本卦還りのお祝いは男だけで、そのせいかどうか今でも女性を祝わない地域はなくなっていません。

 

とは言うものの年齢が気になる女の人は少なくないですし、年寄の印象が強い本卦還り祝いというよりもハッピーバースデーとして本卦還りを祝うサプライズも良いと思います。

 

熨斗(のし)には、外のしと内のしがあります。

 

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

逆に内のしは、包装紙を開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外のしと内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

 

還暦祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどうするか?還暦のお祝いはお祝いの行事なので、蝶結び、赤と白の水引が一般的です。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「還暦御祝」などですが、もっとフランクに「これからもお元気で」でも率直でいい感じだと思います。

 

そして、下に贈る人の名前を記します。

 

お父さんやお母さんの名前ではないんですね。

 

だいぶ以前の職場では、還暦で定年退職する人が、多かったようです。

 

逆に最近は、社会の仕組みが変わったこともあるでしょうが、退職しない人が大半です。

 

そういった人に対し、会社の親睦会などから還暦祝いをするといった話はよく聞きます。

 

そういったことへの参加費は、少なくても一人1000円からの徴収でプレゼントを用意するという感じになります。

 

還暦を祝う気持ちを表すためのお祝いの品物は、どんなものが喜ばれるか楽々と決めるのは難しいです。

 

考え方は色々ですが、満60歳を意識しない選び方は、選択肢の幅が広がりますね。

 

還暦は、ご両親の世代だと終活まじかのイメージに近い人が多いと思うので、還暦にこだわり過ぎない方が間違いないでしょう。

 

テイストを主張するのは色なので、地味系よりはピンポイントの赤がいいでしょう。

 

女性向けの一案として赤ちゃんに還る意味合いの本卦還りだからこそ、持つ人を守護するベビーリングを候補にしても良いと思います。

 

本卦還り祝いに贈る品物の購入費は約2万円だそうで、それに旅行代や食事代として1名あたり2万円ほど考える必要がありそうです。

 

二親(ふたおや)とも元気で、還暦は父親という場合、食事や旅行は母親と一緒にするようでしょうから、総額5万円以上が必要になりそうです。

 

もちろん、お祝いの内容をどうするか、計画によって予算は変えられます。

 

準備する贈る側の年代は、何かとお金が必要な年代でもあるので、その時に困らないよう毎日コーヒー一杯を飲んだつもりで準備しませんか?本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、お祝いする人の名前ですが、還暦のご当人が誰からかがわかるのであればどういう風に記しても、まあ構わないでしょう。

 

複数の名前にするなら書くのは2、3名くらいだと良さ気ですが、臨機応変に決めて大丈夫です。

 

ただ、2名を超える場合は子供・孫一同と記した方が、きれいですね。

page top