還暦のお祝いのため贈り物は、何が最適か簡単に決められません。

還暦のお祝いのため贈り物は、何が最適か簡単に決められません。

考え方は色々ですが、還暦=年寄とイメージするようなものにしない選び方は、選択肢の幅が広がりますね。

 

ご当人世代は、還暦に終活まじかのイメージに近い人が多いと思うので、年寄イメージに注意した方が喜ばれると思います。

 

色使いは、寒色より明るい色の組み合わせが生かされているといいですよね。

 

例として女性へのプレゼントなら本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味なのでベビーリングをプレゼントするのはどうですか?昔の会社勤めですと60歳(還暦)で定年する人が大半でした。

 

逆に最近は、社会の仕組みが変わったからと考えられますが、リタイアしない人が、多くいます。

 

そんな時、還暦で現役の人へ職場の有志から還暦のお祝いをするといった話はよく聞きます。

 

そういったことへの参加費は、一口、少なくて千円、多くて5千円くらいでお祝い品を手配する感じです。

 

本卦還り祝いに贈る品物の購入費はおおよそ2万円ほどのようで、それに食事代や旅行代として一人あたり約2万円を追加しているようです。

 

両親健在で父親が還暦なら旅行・食事を用意すれば、母親と行くでしょうから総額5万円以上が必要になりそうです。

 

そもそもどういった祝い方をするかによっても予算は変えられます。

 

準備する贈る側の年代は、何かとものいりな年齢層でもあるので、一生に一度のことなので、毎日コーヒー一杯を飲んだつもりでお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

 

熨斗(のし)には、外熨斗(そとのし)と内のしがあります。

 

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書きと名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

一方、内のしは開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内のしと外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

 

本卦還り祝いにつける熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈る人が名前を記しますが、実際は誰からの贈り物かわかるのであればどんな書き方でも特に問題ありません。

 

複数の名前にするなら2人分くらいがちょうど良いですが、多くても問題ありません。

 

ただ、多い場合は子供・孫一同とした方が、見た目がいいかもしれません。

 

還暦は、男性でも女性でも同じ差はありません。

 

ただ昔は、男を家の跡継ぎにするという考え方から本卦還りを祝うのは男性だけにして、そのせいで男性だけを対象にする地区はなくなっていないようです。

 

とは言え年齢を気にするご婦人は少なくないですし、年寄の印象が強い本卦還り祝いというよりも誕生日のお祝いという名目で本卦還り祝いをするというサプライズも楽しいですね。

 

還暦のお祝い品に熨斗紙(のしがみ)はどうする?本卦還りのお祝いはお祝いの行事なので、赤白の水引、そして蝶結びにします。

 

書き方は、水引の上は一般的に「祝還暦」などですが、堅苦しいのは抜きにして「ありがとう」でも率直でいい感じだと思います。

 

下は贈る人の名前です。

 

還暦のご当人の名前じゃありません。

 

注意してください。

page top