還暦のお祝いのためプレゼントの品物は、どんなものがいいか悩みますよね。

還暦のお祝いのためプレゼントの品物は、どんなものがいいか悩みますよね。

様々な考え方の中で、年寄じみた感じにしない選び方は、選択肢の幅が広がりますね。

 

親世代は還暦=終活世代に思えることが多いので、還暦にこだわり過ぎない方がありがたさも倍増ですね。

 

色使いは、暗い系よりは印象的な使い方の赤が生かされているといいですよね。

 

ちなみに女性に贈るなら還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、誕生石を埋めたベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?還暦祝いの贈り物の費用はおおよそ2万円ほどのようで、それに食事代や旅行代として一人あたり約2万円を考える必要がありそうです。

 

両親健在で父親が還暦なら食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから総予算としては5万円以上になると思います。

 

ただ、どういった祝い方をするのか、考え方によって概算費用は変わります。

 

準備する贈る側の年代は、自分たちの生活にお金がかかる年齢の人たちが多いので、一生に一度のことなので、地道にお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

 

熨斗には、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)があります。

 

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかがすぐわかります。

 

一方、内のしは開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、内熨斗(うちのし)と外のしのどちらが正解ということではありません。

 

還暦のお祝い品の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はお祝いする人の名前ですが、実際は誰からのものかわかればどんな書き方でもマナー違反ではありません。

 

複数の名前にするなら見た目でいうと2、3名くらいがちょうど良いですが、ほぼほぼ問題になりません。

 

一応、2名を超えるときは家族一同と記した方が、スッキリしますね。

 

男女とも還暦であることは違いはないです。

 

ただ古くは、男性を家の跡継ぎにするという価値観により還暦のお祝いは男性だけで、そのせいで現在でも男性だけという地域もあるようです。

 

もっとも年齢を気にするご婦人も多いですし、年寄の印象が強い本卦還り祝いというよりも誕生日のお祝いとしながら還暦祝いをするというサプライズも良いと思います。

 

だいぶ前の会社では、還暦と同時に仕事を辞める人が、大半だったと思います。

 

けれども近年は、60歳でもまだまだ健康を維持しているという要因があって、会社を辞めない人が、ふつうの様相です。

 

そのような人は、職場の有志から本卦還りの祝いをする親密的なお話しがありますね。

 

その時の予算は、一口、少なくて千円、多くて5千円くらいでプレゼントを買いますね。

 

本卦還りのお祝い品に熨斗紙(のしがみ)はどう書く?まず、本卦還りのお祝いは祝儀なので、赤白の水引に蝶結びとします。

 

書き方は、水引の上は一般的に「還暦御祝」などですが、形式ばっているのはなしで感謝の気持ちを表す言葉で良いと思います。

 

下側には、贈る人がわかるように書きます。

 

贈り物を受ける人の名前ではないので勘違いされないように。

page top