還暦のお祝いのためプレゼントの品は、どんなものが適しているか容易には想像できないですね。

還暦のお祝いのためプレゼントの品は、どんなものが適しているか容易には想像できないですね。

いろいろな考え方の中で、年寄じみた感じにしないという探し方があります。

 

ご両親の世代だと還暦は年寄というイメージを持つ人が少なくありませんので、還暦にこだわり過ぎない方が無難だと思いますね。

 

ですので色合いは、暗い系よりは明るい色の組み合わせが基本です。

 

例でいうと女性への贈り物として、本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味ですからベビーリングをプレゼントすると良いと思います。

 

だいぶ以前の職場では、還暦で会社を退職する人が、大半だったと思います。

 

ですが今は、世間の価値が変わったという要因があって、現役続行者がむしろ当たり前のようです。

 

だから還暦で定年退職しない人に会社の親睦会などから本卦還り祝いをするといった場面が見受けられます。

 

そんなときの会費は、少なくても一人1000円からの徴収でお祝い品を手配する感じです。

 

本卦還りのお祝い品に熨斗紙(のしがみ)の準備は?還暦のお祝いは長寿のお祝いに含まれるので、蝶結びそれと赤と白の水引を使います。

 

書き方は、水引の上は一般的に「寿還暦」などですが、形式ばっているのはなしで希望の気持ちを表現する言葉でいいと思います。

 

そして、下に贈る人の名前を記します。

 

贈り物を受ける人の名前ではないのでウッカリされないように。

 

のしには、内のしと外のしがあります。

 

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内熨斗(うちのし)と外のしのどちらが正解ということではありません。

 

還暦祝いに贈る品物の購入額は二万円前後が主流で、それに食事代や旅行代として一人あたり約2万円を追加しているようです。

 

両親健在で父親が還暦なら食事や旅行は母親と一緒にするようでしょうから、総予算としては5万円以上になると思います。

 

そもそもどういった祝い方をするか、計画によって予定する金額に違いがあります。

 

贈り物をする子供の世代は、自分たちの子供の養育費などがかかる年代でもあるので、少し前から、例えば自分のたばこの本数を減らしてでもお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

 

本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、誰が贈ったのかを書くのですが、実際は誰からのものかわかれば名だけでも構いません。

 

複数の名前を書くならば2人分くらいがちょうど良いですが、多くても支障ないですね。

 

強いて言えば、多い時は子供・孫一同と記した方が、見た目がいいかもしれません。

 

男性でも女性でも還暦は違いはないです。

 

ただ、だいぶ前の時は、家の跡継ぎは、女性でなく男性にするという考え方から本卦還りを祝うのは男性だけにして、そのせいかどうか現在でも男性だけという地域もあるようです。

 

とは言うものの年齢が気になる女の人は少なくないですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりも誕生日のお祝いとしながら還暦を祝うサプライズも楽しいですね。

page top