男性も女性も還暦の内容は違いはないです。

男性も女性も還暦の内容は違いはないです。

ただ以前は、男性を家の跡継ぎにするという慣習に従って還暦のお祝いは男性だけで、その慣習を継続して今でも女性を祝わない地域はなくなっていません。

 

もっとも年齢を気にする女の人も多いですし、年寄の印象が強い還暦祝いというよりも誕生祝いとして本卦還りを祝うサプライズも粋ですね。

 

満60歳還暦のプレゼントは、どんなものがいいか悩みますよね。

 

いろいろな考え方の中で、年寄を連想しないように選び方は、選択肢の幅が広がりますね。

 

ご両親の世代だと還暦は年寄というイメージを持つ人が少なくありませんので、そういったことから還暦の意識をなくした方がいいかもしれません。

 

色使いは、寒色より印象的な使い方の赤が良いと思います。

 

例でいうと女性への贈り物として、赤ちゃんに還る意味合いの本卦還りだからこそ、ベビーリングをプレゼントするのはどうですか?熨斗には、外熨斗(そとのし)と内のしがあります。

 

内のしは、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

逆に内のしは、包装紙を開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、外のしと内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

 

還暦のお祝い品の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈る人の名前ですが、思い違いせず贈り主がわかればどういう風に記してもマナー違反ではありません。

 

連名にする場合は書くのは2、3名くらいだとちょうど良いですが、ほぼほぼ問題になりません。

 

強いて言えば、多い時は家族一同と記した方が、優劣なしでいいかもしれません。

 

本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどうするか?まず、還暦のお祝いはお祝いの行事なので、赤白の水引、そして蝶結びにします。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「寿還暦」などですが、堅苦しいのは抜きにして希望の気持ちを表現する言葉で素直にいいと思います。

 

下には贈り物を準備した人の名前を書きます。

 

お祝いされる人の名前ではないので勘違いされないように。

 

還暦祝いの贈り物の費用はおおよそ2万円ほどのようで、それと旅行代、会食代として一人あたり約2万円を準備するようでしょうね。

 

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、旅行・食事を用意すれば、母親と行くでしょうから総予算としては6万円前後になると思います。

 

もちろん、お祝いの内容をどうしようと考えるのかによっても予定する金額に違いがあります。

 

段取りする子供の年齢層は、子供の養育費や教育費がかかる年代でもあるので、誰でも1回しかないことなので、毎月千円でもお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

 

だいぶ前の会社では、還暦と同時に仕事を辞める人が、大半でした。

 

けれども近年は、働く必要に迫られてきたという要因があって、現役続行者が多くいます。

 

だから還暦で定年退職しない人に職場の有志から還暦のお祝いをするといった話はよく聞きます。

 

それに一口乗ろうとすれば、各自1000円程度から集めて記念品を買う感じですね。

page top