男性も女性も還暦の内容は違いはありません。

男性も女性も還暦の内容は違いはありません。

ただ古くは、男性を家の跡継ぎにするという考え方から還暦祝いは男性だけにして、そのせいで現在でも男性だけという地域はなくなっていません。

 

とは言え年齢を気にする女性は少なくないですし、年寄の印象が強い還暦のお祝いというよりもハッピーバースデーとしつつ本卦還り祝いをするという演出も良いと思いますよ。

 

本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈り主の名前を書きますが、実際は誰からの贈り物かわかるのであれば姓だけでもマナー違反ではありません。

 

複数の名前を書くならば見た目でいうと2、3名くらいが具合がいいですが、多くても問題ありません。

 

一応、2名を超えるときは「○○一同」という書き方にする方が、見た目はスッキリしますね。

 

のしには、外のしと内熨斗(うちのし)があります。

 

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

一方、内熨斗(うちのし)は開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、内のしと外のしのどちらが正解ということではありません。

 

還暦祝いの贈り物の費用は約2万円だそうで、さらに旅行や食事の代金の1名あたり3万円くらいは準備するようでしょうね。

 

両親健在で父親が還暦なら食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから総予算としては5万円以上になると思います。

 

もっともお祝いの仕方をどうするつもりでいるかによってお金の按排(あんばい)は違ってくるでしょうね。

 

準備する贈る側の年代は、自分たちの子供の養育費などがかかる世代でもあるので、少し前から、例えば毎日コーヒー一杯を飲んだつもりで積み立てをするのもいいのではないでしょうか。

 

本卦還りの贈り物は、何にすると喜んでもらえるか悩みますよね。

 

いろいろな考え方の中で、年寄を連想しないように選び方だと探しやすいと思います。

 

還暦世代には、還暦=年寄というイメージを持つ人が少なくありませんので、まだまだこれから!をイメージした方が喜ばれると思います。

 

色の組み合わせ方として、暗い色ばかりでなく印象的な使い方の赤が良いと思います。

 

たとえば女性には、本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味なので記念のベビーリングをプレゼントするのはどうですか?還暦のお祝い品に熨斗紙(のしがみ)の準備は?まず、還暦のお祝いは祝儀なので、赤白の水引、そして蝶結びにします。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「祝還暦」などですが、もっとフランクに希望の気持ちを表現する言葉で素直にいいと思います。

 

それで、下側に贈る人を記します。

 

お祝い品を受ける人じゃありません。

 

注意してください。

 

昔の会社では、60歳定年として退職する人がたくさんいました。

 

けれども近年は、働く必要に迫られてきたからと考えられますが、リタイアしない人が、むしろ当たり前のようです。

 

だから還暦で定年退職しない人に職場の同僚などから本卦還りの祝いをするというケースはよく聞く話です。

 

そんなときの会費は、お金を出し合ってお祝いの品物を準備しますね。

page top