男女とも還暦であることは同じです。

男女とも還暦であることは同じです。

ただ、だいぶ前の時は、男に家督を継がせるという通例があったことで還暦のお祝いは男性だけで、そのせいかどうか現在でも女性を対象にしない地区もあるみたいです。

 

しかし、加齢を気にするご婦人も多いですし、加齢のイメージの本卦還りのお祝いというよりも誕生祝いとしながら本卦還りを祝うサプライズも粋ですね。

 

だいぶ前の会社では、還暦で仕事から引退する人が大半だったと思います。

 

逆に最近は、60歳でもまだまだ健康を維持しているという要因があって、リタイアしない人が、大半です。

 

そういった人に対し、勤め先の有志から60歳の節目の誕生日を祝うというケースはよく聞く話です。

 

それに賛同する場合は、お金を出し合ってお祝い品を手配する感じです。

 

本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈り主の名前を書きますが、還暦のご当人が誰からかがわかるのであればどちらでも構いません。

 

名前を並べるときは書くのは2、3名くらいだと具合がいいと思いますが、多くても問題ありません。

 

強いて言えば、多い時は「○○一同」という書き方にする方が、ゴチャゴチャしないで済みますね。

 

還暦を祝う気持ちを表すためのプレゼントの品は、どんなものがいいか簡単にわかりません。

 

考え方は色々ですが、還暦=年寄とイメージするようなものにしないという選び方は、バリエーションが広がりますよ。

 

親世代は還暦=弱い人に思えてしまう場合があるので、還暦にこだわり過ぎない方が間違いないでしょう。

 

色使いは、暗い色一辺倒ではなくピンポイントの赤が良いと思います。

 

たとえば女性には、還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、記念のベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?還暦祝いの熨斗紙(のしがみ)はどう用意する?まず、還暦のお祝いは文字とおりお祝いなので、蝶結びそれと赤と白の水引を使います。

 

書き方は、水引の上は一般的に「還暦御祝」などですが、堅苦しいのは抜きにして感謝の気持ちを表す言葉で素直にいいと思います。

 

下に書くのは、贈る人の名前です。

 

還暦のご当人の名前ではありませんよ。

 

気を付けましょう。

 

還暦祝いに贈る品物の購入額はおおよそ2万円ほどのようで、それと会食代、旅行代として一人につき2万円ほど考える必要がありそうです。

 

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、旅行や食事は母親と二人分必要ですから、全ての予算として6万円くらいはかかりそうです。

 

ただ、どういった祝い方をするのか、考え方によって予定する金額に違いがあります。

 

親が60歳の子供は、生活費が増えている年齢の人たちが多いので、たとえば還暦の年から逆算して、地道に積み立てをするのもいいのではないでしょうか。

 

のしには、内熨斗(うちのし)と外のしがあります。

 

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

一方、内のしは開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外のしと内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

page top