熨斗(のし)には、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)があります。

熨斗(のし)には、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)があります。

内のしは、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかが一目でわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内のしと外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

 

本卦還りのお祝い品に熨斗紙(のしがみ)はどうする?まず、還暦のお祝いは文字とおりお祝いなので、蝶結びそれと赤と白の水引を使います。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「還暦御祝」などですが、もっと親しみを込めて「感謝」でもいいと思います。

 

下には贈り物を準備した人の名前を書きます。

 

お父さんやお母さんの名前ではありませんよ。

 

気を付けましょう。

 

だいぶ前の会社では、60歳(還暦)で定年する人が大半でした。

 

ですが今は、社会の仕組みが変わったからで、現役を継続する人がたくさんいます。

 

そのような人は、会社の親睦会などから還暦のお祝いをするといった場面が見受けられます。

 

それに賛同する場合は、各自1000円程度から集めてお祝い品を手配する感じです。

 

本卦還り祝いにつける熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈る人の名前ですが、思い違いせず贈り主がわかれば姓だけでも、まあ構わないでしょう。

 

名前を書き連ねる場合なら2、3人分くらいがちょうど良いと思いますが、臨機応変に決めて大丈夫です。

 

一応、2名を超えるときは家族一同のようにするとゴチャゴチャしないで済みますね。

 

男性も女性も還暦の内容は同じ差はありません。

 

ただ前は、家の跡継ぎを男性にするという通例があったことで本卦還りを祝うのは男性だけにして、それがあったから今でも女性を対象としないところはなくなっていません。

 

とは言うものの年齢が気になる女の人は少なくないですし、加齢のイメージの本卦還りのお祝いというよりもハッピーバースデーとしつつ満60歳の還暦をお祝いする演出も楽しいですよ。

 

本卦還りの贈り物の費用は約2万円だそうで、それに旅行代や食事代として一人あたり約2万円を追加しているようです。

 

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、旅行や食事は母親と二人分必要ですから、全ての予算として6万円くらいはかかりそうです。

 

そもそもどんなお祝いをするのか、考え方によって概算費用は変わります。

 

60歳になった親の子供は、子供の養育費や教育費がかかる世代でもあるので、誰でも1回しかないことなので、地道にお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

 

満60歳本卦還りのプレゼントの品物は、何が最適か楽々と決めるのは難しいです。

 

いろいろな考え方の中で、The還暦という感じのものにしないという探し方があります。

 

ご当人世代は、還暦に終活まじかのイメージに近い人が多いと思うので、年寄イメージに注意した方が喜ばれると思います。

 

色合いも派手にとは言わないまでも、暗い色一辺倒ではなくピンポイントの赤が良いと思います。

 

女性向けの一案として本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味なので持つ人のパワーを高めるベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?

page top