熨斗には、外のしと内熨斗(うちのし)があります。

熨斗には、外のしと内熨斗(うちのし)があります。

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

逆に内のしは、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内熨斗(うちのし)と外のしのどちらが正解ということではありません。

 

男性も女性も還暦の内容は同じで内容に違いはありません。

 

ただ前は、男性を家の跡継ぎにするという風習があったので還暦を祝うのは男だけにして、その慣習を継続して今でも女性を対象としない地区はなくなっていないようです。

 

とは言うものの年齢が気になる女性も多いですし、年寄の印象が強い還暦のお祝いというよりも誕生祝いとしながら還暦祝いをするという演出ならいいのではないでしょうか。

 

昔の会社では、還暦と同時に仕事を辞める人が、ずいぶん多かったと思います。

 

でも今は、60歳でもまだまだ健康を維持していることもあるでしょうが、リタイアしない人が、ふつうの様相です。

 

そのような人は、会社の同僚から本卦還りの祝いをするといった場面が見受けられます。

 

その時の予算は、一人あたり1〜5千円×5〜10人としてお祝い品を手配する感じです。

 

本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)の準備は?還暦はめでたいことですので、祝儀用として赤白の水引を使い蝶結びにします。

 

書き方は、水引の上は一般的に「祝還暦」などですが、もっとフランクに感謝の気持ちを表す言葉で率直でいい感じだと思います。

 

下に書くのは、贈る人の名前です。

 

還暦のご当人の名前じゃありません。

 

注意してください。

 

還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はお祝いする人の名前ですが、思い違いせず贈り主がわかればどういう風に記してもそれほど気にしなくても大丈夫です。

 

複数の名前にするなら見た目でいうと3名くらいがちょうど良いと思いますが、少なくても問題ありません。

 

一応、2名を超えるときは家族一同と記した方が、きれいですね。

 

本卦還りのお祝い品の予算は約2万円だそうで、それに食事代や旅行代として一人につき約3万円ほど予定するようですね。

 

それは、父親だけが還暦でも旅行や食事は母親と二人分必要ですから、全ての予算として5万円以上になるでしょうね。

 

ただ、どういった祝い方をするつもりでいるかによって概算費用は変わります。

 

親が還暦の子供の世代は、自分たちの子供の養育費などがかかる年齢の人たちが多いので、少し前から、例えば地道に準備していきましょう。

 

還暦のお祝いのためプレゼントの品は、何が最適か簡単に決められません。

 

いろいろな考え方の中で、満60歳を意識しないという探し方があります。

 

年配者の中には、還暦は年寄という構図を持つ人が多いので、年寄イメージに注意した方がありがたさも倍増ですね。

 

色合いも派手にとは言わないまでも、寒色より印象的な使い方の赤がいいでしょう。

 

女性向けの一案として赤ちゃんに還る意味合いの本卦還りだからこそ、ベビーリングを贈り物として素敵だと思います。

page top