満60歳還暦のプレゼントの品は、何にすればいいのかなかなか答えが出ません。

満60歳還暦のプレゼントの品は、何にすればいいのかなかなか答えが出ません。

いくつかの案のうち還暦=年寄とイメージするようなものにしない選び方だと探しやすいと思います。

 

親世代は還暦=終活世代に思えることが多いので、そういったことから還暦の意識をなくした方がいいかもしれません。

 

印象を左右する色の使い方は、暗い系よりは暖色がいいでしょう。

 

例でいうと女性への贈り物として、還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味なので、記念のベビーリングを候補にしても良いと思います。

 

本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどう書く?まず、還暦のお祝いは長寿のお祝いに含まれるので、祝儀用として赤白の水引を使い蝶結びにします。

 

書き方は、水引の上は一般的に「祝還暦」などですが、もっと親しみを込めて「これからもお元気で」でも良いと思います。

 

そして、下に贈る人の名前を記します。

 

お祝いされる人の名前ではないので勘違いされないように。

 

本卦還りのお祝い品の予算は2万円くらいと言われていて、それに旅行代や食事代として1名あたり2万円ほど追加予算するケースが多いです。

 

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、食事や旅行に行くなら母親と一緒でしょうから、総予算としては6万円前後になると思います。

 

ただ、どういった祝い方をするのか、考え方によって予定金額は違うでしょう。

 

60歳になった親の子供は、自分たちの生活にお金がかかる生活水準なので、その時に困らないよう毎月千円でもお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

 

本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈り主の名前を書きますが、還暦のご当人が誰からかがわかるのであればどちらでも構いません。

 

名前を書き連ねる場合なら見た目でいうと2、3名くらいがちょうど良いですが、ほぼほぼ問題になりません。

 

強いて言えば、多い時は「○○一同」という書き方にする方が、ゴチャゴチャしないで済みますね。

 

だいぶ前の会社では、還暦で会社を退職する人が、ほとんどだったと思います。

 

しかし最近は、社会の仕組みが変わったからと考えられますが、会社を辞めない人が、多くいます。

 

そのように会社勤めを続ける人に勤め先の有志から還暦祝いをするサプライズでほのぼのすることもあるようです。

 

そんなときの会費は、一人あたり1〜5千円×5〜10人としてプレゼントを買いますね。

 

のしには、外のしと内熨斗(うちのし)があります。

 

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内のしと外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

 

還暦の内容は、男も女も同じです。

 

ただ昔は、家の跡継ぎを男性にするという価値観により本卦還りのお祝いは男だけで、そういった経緯で今でも女性を対象としない地区もあるみたいです。

 

もっとも年を気にする女の人も多いですし、年寄の印象が強い還暦のお祝いというよりもハッピーバースデーとしつつ還暦を祝う演出も楽しいですよ。

page top