本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、誰が贈ったのかを書くのですが、実際は誰からの贈り物かわかるのであれば名だけでもそれほど気にしなくても大丈夫です。

本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、誰が贈ったのかを書くのですが、実際は誰からの贈り物かわかるのであれば名だけでもそれほど気にしなくても大丈夫です。

連名にする場合は書くのは2、3名くらいだと具合がいいですが、少なくても支障ないですね。

 

敢えて言うなら多い場合は、子供・孫一同とした方が、見た目がいいかもしれません。

 

だいぶ前の会社では、還暦で会社を退職する人が、大半でした。

 

けれども近年は、働く必要に迫られてきたからと考えられますが、会社を辞めない人が、多くいます。

 

そんな時、還暦で現役の人へ会社の親睦会などから60歳の節目の誕生日を祝うサプライズでほのぼのすることもあるようです。

 

それに一口乗ろうとすれば、人数で頭割りして1000円からの予算で贈り物を準備する段取りになります。

 

本卦還りのお祝い品の予算は1万5千から2万円くらいのようで、それと会食代、旅行代として1名あたり3万円くらいは追加しているようです。

 

それは、父親だけが還暦でも食事・旅行を用意すれば、二人で行くでしょうから全ての予算として6万円くらいはかかりそうです。

 

そもそもどんなお祝いをするか、計画によって予定する金額に違いがあります。

 

段取りする子供の年齢層は、子供の養育費や教育費がかかる生活水準なので、一生に一度のことなので、数年かけて積み立てをするのもいいのではないでしょうか。

 

熨斗には、外熨斗(そとのし)と内のしがあります。

 

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

一方、内熨斗(うちのし)は開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外のしと内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

 

男性でも女性でも還暦は同じで違いはありません。

 

ただ以前は、男性を家の跡継ぎにするという価値観により還暦祝いは男性だけにして、そのせいで現在でも男性だけというところはなくなっていません。

 

もっとも年を気にする女性も多いですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりも誕生祝いとして還暦祝いをするという演出も良いと思いますよ。

 

還暦祝いの熨斗紙(のしがみ)はどうする?本卦還りのお祝いは長寿のお祝い事ですから祝儀用として赤白の水引を使い蝶結びにします。

 

書き方は、水引の上は一般的に「祝還暦」などですが、形式ばっているのはなしで「ありがとう」でも十分だと思います。

 

下に書くのは、贈る人の名前です。

 

お祝いされる人の名前ではないんですね。

 

今までの感謝の気持ちを表すためのプレゼントの品物は、どんなものが適しているか簡単に決められません。

 

考え方は様々ですが、The還暦という感じのものにしないという選び方は、バリエーションが広がりますよ。

 

還暦は、ご両親の世代だと年寄というイメージを持つ人が少なくありませんので、まだまだこれから!をイメージした方がありがたさも倍増ですね。

 

印象を左右する色の使い方は、暗い色一辺倒ではなく明るい色の組み合わせが基本です。

 

女性向けの一案として本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味ですからベビーリングをプレゼントすると良いと思います。

page top