本卦還り祝いに贈る品物の購入費は二万円前後が主流で、それに食事代や旅行代として一人につき約3万円ほど加えているようです。

本卦還り祝いに贈る品物の購入費は二万円前後が主流で、それに食事代や旅行代として一人につき約3万円ほど加えているようです。

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、旅行・食事を用意すれば、母親と行くでしょうから総予算としては5万円以上になると思います。

 

そもそもどういった祝い方をしようと考えるのかによっても予定金額は違うでしょう。

 

贈り物をする子供の世代は、子供の養育費や教育費がかかる生活水準なので、残念が思いをしなくてもいいよう数年かけて積立貯金していくのはどうでしょうか。

 

還暦のお祝いのためプレゼントの品は、どんなものがいいか簡単にわかりません。

 

様々な考え方の中で、還暦=年寄とイメージするようなものにしないという選び方があります。

 

還暦は、ご両親の世代だと年寄という構図を持つ人が多いので、今まで頑張った!を意識した方がいいかもしれません。

 

色使いは、暗い系よりは明るい色の組み合わせが配色されているといいでしょう。

 

女性向けの一案として本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味なので記念のベビーリングを贈り物として素敵だと思います。

 

昔の職場では、還暦で定年退職する人が、大半だったと思います。

 

ですが今は、60歳でもまだまだ健康を維持していることもあると思いますが、現役続行者が大半です。

 

だから還暦で定年退職しない人に職場の有志から本卦還り祝いをする親密的なお話しがありますね。

 

そんなときの会費は、お金を出し合って贈り物を準備する段取りになります。

 

のしには、内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)があります。

 

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

一方、内熨斗(うちのし)は開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内熨斗(うちのし)と外のしのどちらが正解ということではありません。

 

男性でも女性でも還暦は違いはありません。

 

ただ以前は、男に家を継がせるという考え方から本卦還りを祝うのは男性だけにして、その慣習を継続して今でも男性だけというところはなくなっていません。

 

もっとも年を気にする女の人も多いですし、年寄の印象が強い還暦祝いというよりもハッピーバースデーとして還暦を祝うサプライズも楽しいですね。

 

還暦祝いにつける熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は誰が贈ったのかを書くのですが、還暦のご当人が誰からかがわかるのであればどんな書き方でもマナー違反ではありません。

 

名前を書き連ねる場合なら2、3人分くらいがちょうど良いですが、ほぼほぼ問題になりません。

 

ただ、2名を超える場合は「○○一同」という書き方にする方が、スッキリしますね。

 

還暦のお祝い品に熨斗紙(のしがみ)の準備は?本卦還りはお祝いの行事なので、赤白の水引に蝶結びとします。

 

書き方は、水引の上は一般的に「寿還暦」などですが、形式ばっているのはなしで「これからもお元気で」でも良いと思います。

 

下に書くのは、贈る人の名前です。

 

還暦のご当人の名前ではありませんよ。

 

気を付けましょう。

page top