本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈り主の名前を書きますが、実際は誰からのものかわかれば名字だけでも名前だけでもマナー違反ではありません。

本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈り主の名前を書きますが、実際は誰からのものかわかれば名字だけでも名前だけでもマナー違反ではありません。

複数の名前を書くならば書くのは2名くらいだと具合がいいと思いますが、多くても問題ありません。

 

ただ、2名を超える場合は家族一同のようにするときれいですね。

 

男性でも女性でも還暦は同じ差はありません。

 

ただ前は、男に家を継がせるという習わしがあったため本卦還り祝いは男だけにして、それがあったから現在でも男性だけという地域はなくなっていません。

 

とは言え年齢を気にするご婦人も多いですし、加齢のイメージの本卦還りのお祝いというよりもハッピーバースデーとしつつ還暦を祝う演出も楽しいですよ。

 

還暦祝いの熨斗紙(のしがみ)をどう付ける?本卦還りのお祝いは長寿のお祝いに含まれるので、赤白の水引、そして蝶結びにします。

 

書き方は、水引の上は一般的に「還暦御祝」などですが、堅苦しいのが嫌なら「ありがとう」でも良いのではないでしょうか。

 

そして、下に贈る人の名前を記します。

 

お父さんやお母さんの名前ではないのでウッカリされないように。

 

熨斗には、外のしと内のしがあります。

 

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしは誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

一方、内のしは開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、内のしと外のしのどちらが正解ということではありません。

 

満60歳還暦のプレゼントの品物は、何が最適か容易には想像できないですね。

 

いくつかの案のうち満60歳を意識しないという探し方があります。

 

還暦世代には、還暦=年寄という構図を持つ人が多いので、今まで頑張った!を意識した方が良いと思いますよ。

 

印象を左右する色の使い方は、地味な色ばかりでなくピンポイントの赤が配色されているといいでしょう。

 

たとえば女性には、赤ちゃんに還るという意味を持つ還暦なので、メモリアルジュエリーのベビーリングをプレゼントするのはどうですか?本卦還りのお祝い品の予算は2万円くらいと言われていて、さらに食事や旅行の代金の1名あたり3万円くらいは考える必要がありそうです。

 

もし父親が還暦だとすれば、食事・旅行を用意すれば、二人で行くでしょうから総予算としては6万円前後になると思います。

 

もっともお祝いの仕方をどうしようと考えるのかによっても概算費用は変わります。

 

親が還暦の子供の世代は、生活費が増えている生活水準なので、少し前から、例えば毎日コーヒー一杯を飲んだつもりで積み立てをするのもいいのではないでしょうか。

 

だいぶ以前の職場では、還暦で会社を退職する人が、多かったようです。

 

逆に最近は、世間の価値が変わったこともあると思いますが、退職しない人が多くいます。

 

そんな時、還暦で現役の人へ勤務先の仲間から本卦還りの祝いをするというケースはよく聞く話です。

 

それに賛同する場合は、お金を出し合ってお祝い品を手配する感じです。

page top