昔の会社勤めですと還暦で定年退職する人が、大半でした。

昔の会社勤めですと還暦で定年退職する人が、大半でした。

しかし最近は、定年退職や年金支給の年齢が上がったという理由がありますが、現役続行者がある意味当然のように見えます。

 

だから還暦で定年退職しない人に勤め先の有志から60歳の節目の誕生日を祝うというケースもありますね。

 

それに賛同する場合は、各自1000円程度から集めてお祝い品を手配する感じです。

 

本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどう書く?還暦はお祝いの行事なので、蝶結びにして赤と白の水引ですね。

 

書き方は、水引の上は一般的に「還暦御祝」などですが、もっとフランクに希望の気持ちを表現する言葉でいいと思います。

 

下に書くのは、贈る人の名前です。

 

贈り物を受ける人の名前ではないんですね。

 

満60歳還暦のプレゼントは、どんなものがいいか簡単に決められません。

 

様々な考え方の中で、年寄じみた感じにしない選び方は、選択肢の幅が広がりますね。

 

年配者の中には、還暦は人生終わり?と悲観的に考えてしまいがちで、還暦を意識しすぎない方が喜ばれると思います。

 

ですので色合いは、寒色よりピンポイントの赤が良いと思います。

 

例として女性へのプレゼントなら本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味ですから記念のベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?本卦還り祝いにつける熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈り主の名前を書きますが、ご当人が誰からかがわかればどんな書き方でも特に問題ありません。

 

連名にする場合は見た目でいうと3名くらいがちょうど良いですが、多くても問題ありません。

 

強いて言えば、多い時は家族一同と記した方が、見た目がいいかもしれません。

 

男性も女性も還暦の内容は同じで内容に違いはありません。

 

ただ以前は、家の跡継ぎは、女性でなく男性にするという通例があったことで還暦のお祝いは男性だけで、そういった経緯で現在でも女性を対象にしないところがあるようです。

 

しかし、加齢を気にする女性は少なくないですし、年寄の印象が強い本卦還り祝いというよりも誕生日のお祝いという名目で満60歳の本卦還りをお祝いする演出も楽しいですよ。

 

本卦還りのお祝い品の予算は約2万円だそうで、さらに食事や旅行の代金の一人につき2万円ほど加えているようです。

 

仮に父親だけが還暦だとしても食事や旅行に行くなら母親と一緒でしょうから、総予算としては6万円前後になると思います。

 

もっともお祝いの仕方をどうするのか、考え方によってお金の按排(あんばい)は違ってくるでしょうね。

 

準備する贈る側の年代は、何かとお金が必要な年代でもあるので、残念が思いをしなくてもいいよう毎月千円でも貯金しませんか?のしには、内のしと外のしがあります。

 

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

一方、内熨斗(うちのし)は開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外熨斗(そとのし)と内のしでどちらが正解ということではありません。

page top