以前、企業では一般的に60歳(還暦)で定年する人がたくさんいました。

以前、企業では一般的に60歳(還暦)で定年する人がたくさんいました。

しかし最近は、働く必要に迫られてきたこともあるでしょうが、リタイアしない人が、むしろ当たり前のようです。

 

そういった人に対し、職場の同僚などから本卦還りの祝いをするサプライズでほのぼのすることもあるようです。

 

そういったことへの参加費は、お金を出し合って贈り物を準備する段取りになります。

 

還暦を祝う気持ちを表すためのお祝いの品物は、どんなものが喜ばれるか楽々と決めるのは難しいです。

 

1つの考え方として、「還暦ならではの」ものにはしないという選び方は、バリエーションが広がりますよ。

 

還暦世代には、還暦=終活まじかのイメージに近い人が多いと思うので、まだまだこれから!をイメージした方がありがたさも倍増ですね。

 

色の組み合わせ方として、地味な色ばかりでなく暖色が配色されているといいでしょう。

 

ちなみに女性に贈るなら赤ちゃんに還るという意味を持つ還暦なので、持つ人を守護するベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈り主の名前を書きますが、ご当人が誰からかがわかればどんな書き方でも問題ありません。

 

名前を並べるときは2、3人分くらいが具合がいいですが、少なくても問題ありません。

 

敢えて言うなら多い場合は、「○○一同」という書き方にする方が、見た目はスッキリしますね。

 

のしには、内のしと外のしがあります。

 

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかがすぐわかります。

 

逆に内のしは、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

 

還暦のお祝い品に熨斗紙(のしがみ)はどう書く?本卦還りのお祝いは長寿のお祝いに含まれるので、蝶結びにして赤と白の水引ですね。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「寿還暦」などですが、堅苦しいのが嫌なら「ありがとう」でも良いと思います。

 

下に書くのは、贈る人の名前です。

 

贈り物を受ける人の名前ではないのでウッカリされないように。

 

還暦は、男性でも女性でも同じで違いはありません。

 

ただ以前は、男を家の跡継ぎにするという習わしがあったため還暦祝いは男性だけにして、その名残で男性だけを対象にする地域はなくなっていません。

 

もっとも年を気にする女の人も多いですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりも誕生日のお祝いとしながら還暦を祝うサプライズも良いと思います。

 

本卦還りの贈り物の費用は1万5千から2万円くらいのようで、さらに旅行や食事の代金の1名あたり2万円ほど追加しているようです。

 

二親(ふたおや)とも元気で、還暦は父親という場合、旅行や食事は母親と二人分必要ですから、総額6万円ほど必要かもしれません。

 

もっともお祝いの仕方をどうするのか、考え方によって概算費用は変わります。

 

親が60歳の子供は、自分たちの子供の養育費などがかかる年代でもあるので、一生に一度のことなので、3〜5年かけて毎月少しずつでも積立貯金していくのはどうでしょうか。

page top