以前、企業では一般的に還暦で定年退職する人が、大半でした。

以前、企業では一般的に還暦で定年退職する人が、大半でした。

けれども近年は、60歳でもまだまだ健康を維持していることもあると思いますが、何も変わらないという人が、多くいます。

 

そんな時、還暦で現役の人へ職場の同僚などから還暦祝いをするといった話はよく聞きます。

 

予算としては、少なくても一人1000円からの徴収でお祝いの品物を準備しますね。

 

男女とも還暦であることは同じで内容に違いはありません。

 

ただ前は、男に家を継がせるという価値観により還暦を祝うのは男だけにして、その慣習を継続して現在でも男性だけという地区もあるみたいです。

 

とは言え年を気にするご婦人も多いですし、年寄の印象が強い還暦祝いというよりも誕生祝いとして還暦祝いをするという演出も良いと思いますよ。

 

今までの感謝の気持ちを表すためのプレゼントの品は、何が最適か簡単に決められません。

 

考え方は色々ですが、「還暦ならではの」ものにはしないという選び方があります。

 

還暦は、ご両親の世代だと終活世代に思えることが多いので、今まで頑張った!を意識した方が間違いないでしょう。

 

色合いも派手にとは言わないまでも、寒色よりご当人の好きな色が基本です。

 

女性向けの一案として本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味ですから持つ人のパワーを高めるベビーリングをプレゼントするのはどうですか?還暦のお祝い品に熨斗紙(のしがみ)をどう付ける?還暦は祝儀なので、蝶結びそれと赤と白の水引を使います。

 

書き方は、水引の上は一般的に「還暦御祝」などですが、形式ばっているのはなしで感謝の気持ちを表す言葉で良いのではないでしょうか。

 

それで、下側に贈る人を記します。

 

還暦のご当人の名前ではないので勘違いされないように。

 

本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、お祝いする人の名前ですが、還暦のご当人が誰からかがわかるのであれば名字だけでも名前だけでも特に問題ありません。

 

名前を並べるときは見た目でいうと2、3名くらいがちょうど良いですが、多くても問題ありません。

 

ただ、多い場合は兄弟一同などとした方が、ゴチャゴチャしないで済みますね。

 

熨斗(のし)には、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)があります。

 

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外のしは誰からどんなお祝いなのかが一目でわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、内のしと外のしのどちらが正解ということではありません。

 

本卦還りのお祝い品の予算は1万5千から2万円くらいのようで、さらに旅行や食事の代金の一人につき約3万円ほど加えているようです。

 

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、旅行・食事を用意すれば、母親と行くでしょうから総額5万円以上が必要になりそうです。

 

ただ、どんなお祝いをしようと考えるのかによっても予定金額は違うでしょう。

 

準備する贈る側の年代は、何かとものいりな生活水準なので、一生に一度のことなので、3〜5年かけて毎月少しずつでも積み立てをするのもいいのではないでしょうか。

page top