のしには、内熨斗(うちのし)と外のしがあります。

のしには、内熨斗(うちのし)と外のしがあります。

内のしは、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかが一目でわかります。

 

一方、内熨斗(うちのし)は開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内のしと外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

 

昔の職場では、還暦で定年退職する人が、たくさんいました。

 

近年は、働く必要に迫られてきたからと考えられますが、リタイアしない人が、ふつうの様相です。

 

そんな時、還暦で現役の人へ勤め先の有志から還暦のお祝いをするというケースもありますね。

 

その時の予算は、少なくても一人1000円からの徴収でプレゼントを用意するという感じになります。

 

還暦祝いの贈り物の費用はおおよそ2万円ほどのようで、さらに食事や旅行の代金の一人につき約3万円ほど考える必要がありそうです。

 

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、旅行・食事を用意すれば、母親と行くでしょうから総予算としては6万円前後になると思います。

 

ただ、どんなお祝いをしようと考えるのかによっても予算は変えられます。

 

60歳になった親の子供は、子供の養育費や教育費がかかる生活水準なので、誰でも1回しかないことなので、3〜5年かけて毎月少しずつでも準備していきましょう。

 

本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどう書く?還暦のお祝いは長寿のお祝い事ですから蝶結びにして赤と白の水引ですね。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「寿還暦」などですが、もっと親しみを込めて「ありがとう」でも良いのではないでしょうか。

 

そして、下に贈る人の名前を記します。

 

お祝い品を受ける人じゃありません。

 

注意してください。

 

還暦のお祝いのため贈り物は、どんなものがいいか悩みますよね。

 

様々な考え方の中で、「還暦ならではの」ものにはしないという選び方があります。

 

ご両親の世代だと還暦は年寄という構図を持つ人が多いので、年寄イメージに注意した方が喜ばれると思います。

 

色合いも派手にとは言わないまでも、地味な色ばかりでなくピンポイントの赤が配色されているといいでしょう。

 

例でいうと女性への贈り物として、本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味ですからベビーリングをプレゼントするのはどうですか?本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、お祝いする人の名前ですが、ご当人が誰からかがわかればどちらでも、まあ構わないでしょう。

 

名前を並べるときは2、3人分くらいが具合がいいですが、ほぼほぼ問題になりません。

 

ただ、2名を超える場合は家族一同のようにすると優劣なしでいいかもしれません。

 

還暦は、男性でも女性でも同じです。

 

ただ、だいぶ前の時は、男性を家の跡継ぎにするという考え方から本卦還りを祝うのは男性だけにして、その慣習を継続して今でも女性を対象としないところがあるようです。

 

とは言え年を気にする女性は少なくないですし、年寄の印象が強い本卦還り祝いというよりも誕生日のお祝いという名目で満60歳の還暦をお祝いする演出も良いと思いますよ。

page top