61歳の数え年にする還暦祝いは、元来は長生きをたたえる行事でした。

61歳の数え年にする還暦祝いは、元来は長生きをたたえる行事でした。

とはいっても最近の人たちは見た目もイケてて、元気な方も多いので年寄扱いしたら気が引けます。

 

子が親の手から離れていてもいつでも親目線がぶれない親であり続けていて、それを拒むことはできないので「心配したらキリがないから明日からは自分たちが楽しんでほしい」という願いを知らせる都合の良い契機になりますね。

 

長寿を祝う年の人は、人生これからという感じです。

 

がむしゃらに仕事をした日々とは違い、成人した子供は自立しているご夫婦が多くなっていて、もっと夫婦の時間を大切にして良いのではないでしょうか。

 

それに今も活躍されていると思いますが、体を気遣ってほしい年代と思われます。

 

で、還暦祝いという形で、お祝いが当事者には外せません。

 

本卦還りを祝う方法は特に決まりはありません。

 

ただし、60年間の歴史がありますし、サクッと済ませたくはないですよ。

 

結婚式ほど大きくするまでもないですが、いろんな人を呼び集めて想い出深く取り仕切ってみましょう。

page top