長寿を祝う方法は型にはめる必要はありません。

長寿を祝う方法は型にはめる必要はありません。

そうは言っても恒例と誕生日とは同じでなく軽く過ごしたくありません。

 

昇進祝いのように事務的にとは言いませんが、サプライズパーティのようにすこし大げさにやってみませんか?祝い年と言われる人は、まだまだ人生を謳歌されます。

 

がむしゃらに仕事をした日々とは違い、社会人になった子供は独立しているということが多いですし、これからは自分のことが優先していいタイミングでしょう。

 

それにまだまだ活躍中でしょうけど、健康に留意してほしい時期ではないかと思うのです。

 

で、還暦祝いという形で、家族でのイベントがあるとありがたいものです。

 

60歳の還暦を祝うのは、元々は長生きを祝う行事でした。

 

でも今のその人たちは年寄じみていないし、元気な方も多いので年寄扱いしたら気が引けます。

 

子どもが親の手から離れていてもいつまでも心配し続けるご両親がいて、事態をいい意味で変えるために「心配したらキリがないから新しい生きがいも見つけてほしい」って、優しく伝える都合の良いチャンスだと思います。

page top