還暦の人は、まだまだ人生を謳歌されます。

還暦の人は、まだまだ人生を謳歌されます。

がむしゃらに仕事をした日々とは違い、社会人になった子供は独立しているケースが多くなり、新しい目標を持って生きる毎日で良いと思います。

 

今は元気そのものでしょうが、健康への気遣いは必須である年なのは間違いありません。

 

だからこそ還暦を大事な区切りにして、場合によっては親戚も含めての行事が還暦の人にとって大事になことです。

 

60歳の満年齢にする還暦祝いは、元来は長命をたたえる行事でした。

 

でも今の該当者はいわゆるお年寄りという感じではないし、エネルギッシュな方がたくさんいて、高齢者と呼ぶ気はしないです。

 

子が親離れしているのに何かと気配りをしてくれる親であり続けていて、そんな感じだからこそ「だいぶマシになったろ?新しい生きがいも見つけてほしい」と穏やかな気持ちを表す都合の良い機会に違いありません。

 

本卦還りを祝う方法は特に決まりはありません。

 

だからとは言え60年間の歴史がありますし、思い出深い日にしたいです。

 

入社式のように初々しくするまでもないですが、家族でほっこりにぎにぎしくする段取りしたいですね。

page top