年祝いをされる人は、人生の節目を迎えている人です。

年祝いをされる人は、人生の節目を迎えている人です。

会社優先の毎日は落ち着いて、独立した子供は結婚もしているご夫婦が多くなっていて、家族のことを最優先で気にしないでもいい頃だと思います。

 

それにまだまだ活躍中でしょうけど、体への気遣いは必要な時期と思われます。

 

そのため年祝いをきっかけにして、若い人から先輩へのお祝いが還暦の人にとって大事になことです。

 

祝い年にすることは型にはめる必要はありません。

 

そうは言っても60年間の歴史がありますし、スペシャルデーにしたいですね。

 

昇進祝いのように事務的にする感じでもないですが、みんなで旅行など和気あいあいとなるように計画してみましょう。

 

60歳の還暦を祝うのは、元々は長命を祝う行事でした。

 

でも今の該当者はハツラツとしていて、健康的な方が多く、年寄扱いしたら気が引けます。

 

子どもが大きくなって独立しているのにそんな風に考えたくない両親であって、そんな感じだからこそ「もう大丈夫だよ、心配すんな」、そんな思いを伝える最高の時期ではないでしょうか?

page top