還暦を数え年の61歳にするという考え方が根強く、それは満60歳になる年です。

還暦を数え年の61歳にするという考え方が根強く、それは満60歳になる年です。

誕生日が何日であっても満60歳になる年が、還暦(数え61歳)なのです。

 

数え年では元旦にその年齢になるので、本卦還り祝いの催しは正月から春分の日までに執り行っていました。

 

ただ最近はというと、満年齢の方が、馴染んでいるので、年明けの2か月間にこだわらず祝いの会をするのが主流だと思います。

 

本卦還りをお祝いするのは、満60歳の誕生日あたりで催すことが多いですが、最近は子供たちが実家に住んでいないことが多く、当人の誕生日にかかわらず皆が揃いやすい日程でお祝いするケースも多いですね。

 

正月、5月、8月、9月などの連休のご家族が揃うタイミングにお祝い会を行う感じです。

 

会社員・団体職員としての勤務者は定年退職される方も多いので、還暦と定年退職のお祝いを兼ねる場合もあります。

 

還暦祝いを兼ねても型にはめることにとらわれず、

page top