還暦をお祝いするのは、満60歳の誕生日あたりで催すことが多いですが、子供たちなどが実家に住んでいない最近では、当人の誕生日にかかわらずみんなが集まりやすい時に集まるようになっています。

還暦をお祝いするのは、満60歳の誕生日あたりで催すことが多いですが、子供たちなどが実家に住んでいない最近では、当人の誕生日にかかわらずみんなが集まりやすい時に集まるようになっています。

その年の連続した休みになるときなどみんなが集合できる時期でお祝い会を行う感じです。

 

会社員勤めだと60才で定年として退職になる方がいるので、還暦と定年退職のお祝いを兼ねる場合もあります。

 

定年退職の記念と還暦祝いでも細かな段取りなどにこだわり過ぎないで、還暦は数え年の61歳であるという定義がもともとであり、それは満年齢で60歳を意味します。

 

誕生日が元旦から大みそかのいつでもその年が、満60歳になる年であれば、還暦なのです。

 

数え年での年齢の加算はその年の午前零時なので、還暦祝いの催しは元旦から節分までにされていたようです。

 

ただ最近はというと、数え年というよりは満年齢なので、馴染んでいるので、誕生日あたりをターゲットにしてお祝いする段取りが大半の選択です。

page top