満60歳の誕生日の近くで還暦のお祝いをする、というケースが多いですが、子供たちなどが実家に住んでいない最近では、当人の誕生日にかかわらず家族がそろいやすい日程でお祝いするようになっています。

満60歳の誕生日の近くで還暦のお祝いをする、というケースが多いですが、子供たちなどが実家に住んでいない最近では、当人の誕生日にかかわらず家族がそろいやすい日程でお祝いするようになっています。

正月、5月、8月、9月などの連休の皆が勢ぞろいできる日に催すという感じです。

 

会社員であれば60歳の誕生日で定年で退職される方もいるので、還暦と定年退職のお祝いを兼ねる場合もあります。

 

勇退記念でもなんでも昔ながらのやり方にあまり気にせず、還暦は数え年の61歳であるという考え方が根強く、60歳(満年齢)が還暦となります。

 

誕生日が元旦から大みそかのいつでも満60歳になる誕生日の年が、還暦の数え年61歳ということになります。

 

数え年では年明けに年齢が変わるので、本卦還りをお祝いするのは年明け早々、節分の日くらいまでに執り行っていました。

 

ただ最近はというと、満年齢の方が、通りがいいので、春分の日までに関係なく祝いの会をするのが多いです。

 

還暦は、長寿を祝うからこそ記念の贈り物を出したいですね。贈り物として人気の商品は、還暦祝いプレゼント一覧で見ることができます。

page top