満60歳の誕生日の近くで本卦還りのお祝いを行うことが多いですが、最近は子供たちが実家に住んでいないことが多く、満60歳を迎える誕生日ではなく子供たちが集まりやすい時期に行うというケースも多いですね。

満60歳の誕生日の近くで本卦還りのお祝いを行うことが多いですが、最近は子供たちが実家に住んでいないことが多く、満60歳を迎える誕生日ではなく子供たちが集まりやすい時期に行うというケースも多いですね。

年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休み、シルバーウィークなどみんなが集合できる時期で実行するという感じです。

 

会社員勤めだと60才で定年退職される方も多いので、勇退記念と還暦祝いを一緒にされる場合もあります。

 

定年退職の記念と還暦祝いでも厳格な日程や緻密な段取りに気にし過ぎないようにして、人生60年の区切りを還暦は数え年の61歳であると通説になっているので、満60歳になる年が、それです。

 

何日が誕生日だとしてもその年に満60歳の誕生日があれば、本卦還りの年と言えます。

 

数え年の考えではその年齢にあるのが元旦なので、本卦還りをお祝いするのは元旦を過ぎ節分のころまでに行っていたようです。

 

ただ最近は、数え年よりは満年齢の方が、馴染んでいるので、誕生日あたりをターゲットにして祝いの品物を準備するのが多いです。

page top